今話題のフリーランスエンジニアとは

フリーランスエンジニアとは、企業などに属する事なく、自分一人の力で仕事を獲得して、顧客に対してサービスなどを提供する働き方です。会社員のように、好みではない仕事を押し付けられることはなく、働き方に関しても、自分のペースに合わせて1日の働き方を設定可能です。休日に関しても、自分自身で選べます。

在宅勤務も可能ですので、例えば、家事や育児、仕事などを両立させながら働いているフリーランスもたくさんいます。
フリーランスエンジニアは、基本的にエンジニアですので、多くの人が、プログラミングなどの専門知識を持っています。その中でも、最近のフリーランスエンジニアがしている仕事は、ウェブ設計や、汎用系アプリの開発、工場などのロボットを動かす制御系の仕事、ネットワーク系の仕事、データベース系の仕事など、さまざまな分野で活躍しています。

フリーランスエンジニアとして成功するためには、システム開発などの専門知識を身につける必要があります。多くのフリーランスエンジニアは、一度企業に就職し、システム開発などのスキルを身につけてから独立するケースが多いようです。

フリーランスエンジニアの年収ですが、エンジニアが抱えられる仕事のボリュームや、スキルなどで異なりますが、月の報酬が40万円〜100万円くらいで、スキルさえあれば年収が1,000万円を超えるほどの夢のような働き方です。

さまざまな仕事経験を積み、より難易度の高い仕事をすることで更なる高収入を目指せます。ギークスジョブなどの会社を通すことでフリーランス向けの多数の案件の紹介を受けたり、転職したりすることも可能なので技術さえあれば、仕事がなくなることはありません。ギークスジョブの評判についてはネットでも検索できます。

フリーランスエンジニアになることで、メリットもあればデメリットもあります。メリットから紹介すると、会社に所属していないため、会社に利益をとられる事がなく、受けた仕事を設計することで、利益を全て自分のものにできます。そのため、フリーランス として独立すると高収入になる事が多いのです。その他には、働き方を自分自身のライフスタイルに合わせたり、自分自身で仕事を選択できるメリットがあります。

さて、フリーランスエンジニアになるデメリットはどうでしょう。一つ目は、会社に所属していないため、福利厚生がない事です。また、税金や保険についても自分自身で支払う必要があり、経理業務もしなければなりません。その他にも、仕事を獲得するための営業能力も必要になり、技術に特化して仕事ができないのがデメリットです。