マッチングアプリで出会った王子様は・・

まじめな恋愛や真剣な結婚に使えるマッチングアプリで出会った男性と、気軽にお茶や食事に行くのって簡単でいいですよね。
普段出会えないような人や、異業種の人と話すのも、なかなか刺激になって好きなので、私はたまにマッチングアプリを利用して、出会いを探しています。
今回は、そのマッチングアプリで出会ったある人について書いてみます。
その彼は、3歳年上で隣の県に住んでいる方でした。ロシア人のクォーターらしく、眼の色が少し薄めで、爽やかなタイプでした。
私は勝手に王子、とあだ名を付けました。
マッチングしてからしばらくチャットしてたんですが、なかなか気も会うし、実際に会おうという事になりました。
お互いの家が少し離れていたので、ドライブがてら車で会う事になりました。
現れた王子は、BMWに乗ってやって来ました。
写真通りで、というか実際は写真以上のイケ面で、ラッキーでしたね。
一緒に食事に行った帰り、ドライブすることになりました。
さっきまでは、流行りの洋楽が流れていて、いい雰囲気だったんですが、急に王子が、「好きなCDあるんだけど、掛けていい?」と言うので、どんなかな、と思ってOKしました。
すると、聞こえて来たのは、誰かのお説教みたいな声です。
「何これ?」と聞くと、彼のお気に入りの宗教家のお話、という事でした。
それは家に帰って、一人で聞いた方がいいのでは?というよりなんで私に聞かせたいの?と、頭にハテナマークがいっぱいになりました。
そもそも今回のデートは布教活動?とまで思いました。
私が不思議そうな顔をしてると、今度は、都市伝説の話をやたらにしてきました。
そちらの方が、まださっきのCDよりもマシだったんですが、どちらにせよ呆気に取られっぱなしでした。
意味不明な雰囲気が流れてましたね。
食事までは、いい雰囲気だったので、正直ガッカリでした。
今となれば、変な宗教サークルに連れて行かれなくてよかったな、と思いました。
微妙な雰囲気の中、その日はお別れしました。
次回はないな、と私は思っていましたが、王子はまた誘ってきました。
しかも、実は俺、彼女いるんだ、とまで言ってきました。
全く何がしたかったんでしょう、こちらにその気がないので、適当にお断りしておきました。
せっかくの王子様は、何だか残念な人でしたが、世の中には色んな人がいるんだな、という勉強にはなりましたね。
皆さんもマッチングアプリでの出会いに期待しましょう。
世の中の面白い人に会えるかもしれませんよ。