就職活動時には働く事の意味も考えるべきです

日本では現在でも定期採用で就職する事が主流です。大学生は業界研究や個別の企業研究をし、自分の適性や好みを考えて具体的にエントリーし、採用試験を受けて内定を得ています。
しかし、苦労して就職したものの、大卒の30%が3年以内に離職すると言う現実が一方であります。この要因には色々あるでしょうが、やはり若者に働く事の意味、働く事の楽しさや苦しさと言った現実が、会社に飛び込むまで分かっていないと言う事が大きな理由と言えるでしょう。
先輩から会社の現実を聞いて分かったつもりになったり、アルバイトで経験したゆるゆるの考え方で、働く事や仕事の楽しさや苦しさを分かった気になっているのではないでしょうか。
業界や会社研究と合わせて、働く事、仕事と言った事について、もっと学び、自分の哲学と言えるものを持つ事が必要と言えると思います。
就職したものの、その会社や仕事が合わないとして転職する事は決して否定はしません。しかし門戸が広くあけられている定期採用で選択をミスる様では、受け入れる企業の間口が狭まる第2新卒として就職する時には、ますます自分に合う企業が少なくなると言う恐れがあるからです。