長野へのドライブ。酒蔵巡りの休日

昨日、友人と長野へ行った。
普段は休みの日になっても、仕事の疲れを癒すために家に閉じこもっている。
スマートフォーンでゲームをしたり、DVDを見て一日を過ごす。

私が今回、長野に来たのは、友人の誘いを受けたからだ。最近知り合った友人である。
日本酒が好きで、よく酒蔵まで見学に行くというのだ。今回は車で長野の酒蔵まで行き、みんなでお酒を買ってこようというのである。

私自身も無類の酒好きで、日本酒の酒蔵と聞いて思わず興味をそそられた。ちょうど天気も良く、絶好のドライビング日和だったため、誘いに対して二つ返事で「行きたい」と答えた。

訪れた酒蔵は、長野県の諏訪市にある。JR上諏訪駅のすぐそばだ。
“諏訪の五蔵”というと、日本酒好きの方には有名であろう。一本の道沿いに五つもの酒蔵が軒を連ねている。飲み比べをしながらお酒を選ぶこともできる。日本酒好きにはたまらない光景だ。

今回は四人で訪れたが、そのうちの一人はお酒が飲めない。
幸いなことに、車を運転することが好きなため、今回の旅に帯同してくれた。
ただ、運転を彼一人に任せ切るのも気の毒な気がしたため、私はお酒の試飲はせず、店員さんにおすすめされたお酒を購入した。

歴史を感じさせる酒蔵の建物。長野の澄み切った空気。それらを満喫できただけでも、ドライブして、ここまで来たかいがあったと感じる。

帰りの高速道路は、途中から私が運転をかわった。
朝の6時に出発し、夕方には帰宅。もちろん帰宅後は“戦利品”で酒盛りだ。

往復で6時間ちょっとの道のり。案外、家に閉じこもっているより気持ちが晴れて、仕事の疲れが癒されると感じた日であった。