南部鉄器の鉄瓶を使い始めました

以前からずっとほしいと思っていた南部鉄器の鉄瓶を通販サイトで購入しました。
本当はデパートで買うつもりだったのですが、実際に手に取って見ると、予想以上に重くて持ち帰るのが大変だったので、予定よりも一回り小さなサイズのものをネットで購入しました。
鉄瓶は、使い始めの準備に手間がかかりますが、水道水を沸かすだけでお茶やコーヒーが美味しくなります。お水にもコクってあるんだ!と感心してしまうほどです。
毎朝鉄瓶でお湯を沸かしてコーヒーを淹れるのが楽しみになっています。お湯を沸かした後は、蓋を開けた状態でしばらくおき、中の水気を綺麗に飛ばさなければいけませんが、その手順にもすぐに慣れました。
ところが今日、鉄瓶の中身を見ると、薄らと茶色くなっていてビックリ!あんなに注意をしていたのに、もう錆びでしまうなんて!慌ててネットで調べてみると、鉄瓶が錆びた場合の対処方法を説明しているサイトが見つかりました。
が、よく読んでみると、錆びた鉄瓶でお湯を沸かすと、濁ったお湯が出てくるらしいのです。さらによく読むと、鉄瓶は使っているうちに、内側に湯垢がたまっていき、薄らと茶色くなっていくものなんだとか。そして、湯垢が蓄積された年季の入った鉄瓶は中が白くなっているそうです。
白くなるにはまだまだ何年もかかりますが、さらにおいしいお湯を目指して頑張りたいです。

Leave your comment