歩きタバコの受動喫煙問題

街に出るとほぼ毎回歩きタバコをしている人に遭遇します。やはり、歩きタバコってかなり危険な行為ですし、小さい子供たちにとってはすごく脅威となるものです。子供の目の高さにタバコを持つ手がくることが多いので、タバコの火があたると失明してしまうリスクも十分に考えられます。さらに、歩きタバコは他人に受動喫煙させてしまうために、喫煙者じゃないのにタバコの煙が身体に侵入してしまうのです。

これは本当に不快ですし、他人の吸った有害な煙が入ってくるのは嫌なことですよね?歩きタバコを禁止している場所もあるのですが、日本ではほとんどのところで歩きタバコしてもたいした罰則がないので、もっと歩きタバコを厳罰化してもらいたいですね。歩きタバコは本当に危ないですし、有害なタバコの煙が全部流れてくることもあるので、我慢できるものではありません。タバコを吸わない人やタバコが苦手な人のことももっとよく考えるべきです。
喫煙者は喫煙マナーを守り、歩きタバコやポイ捨てという行為をしないようにしてもらいたいですね。歩きタバコは害でしかないのです。

Leave your comment